家づくりを始めたころは、土地のこと、法規制のこと、資金のこと、そして建築会社のことを頑張って勉強していたと思います。

特に建築会社選びはとても重要なので、見学会やセミナーに参加して、それぞれの会社の特徴を吟味していると思います。

しかし、勉強熱心な人に多いのが、「何を基準に会社を選んだら良いか分からない」という問題です。

「見学会に行き過ぎて、どの家もよく見えてしまう」

「どの会社も同じに見えてしまう」

「自分にはどの会社が合うのか分からない」

といった状態に陥ってしまいます。

そんな時には、まず自分が家づくりで叶えたいことの優先順位を書き出してみましょう。

家づくりで叶えたいことの優先順位を考える

建築会社にはそれぞれ特徴があります。

それがその会社のコンセプトであったり、得意なことです。

そして、自分が何を一番したいかは家づくりの動機を考えることから見えてくる場合が多いです。

しかし、家づくりをするに当たり、その動機は人それぞれであり、

  • 今住んでいるところが手狭になった 
  • → 広さを重視したい
  • おしゃれな生活をしたい → デザインを重視したい
  • 夏は暑いし、冬が寒い生活を改善したい → 高気密・高断熱を重視したい
  • 光熱費を抑えたい → 省エネを重視したい
  • 自然素材に囲まれた生活がしたい → 素材を重視したい
  • 土地を相続した → どんな家が欲しいのかこれから見ていく
  • 他人に羨ましいと思われたい → 豪華に見える家が欲しい
  • 資産形成・節税対策 → 資産価値の高い家にしたい

など、本当に多種多様です。

自分が最初にどんな思いで、家が欲しいと思ったのかを思い出してみるとよいでしょう。

また、家づくりを始めたころは知らなかった価値観が、今最も家づくりで叶えたいことになっていることもあると思います。

例えば多いのが、高気密高断熱の家や、省エネZEH住宅などです。

家づくりの勉強をはじめて知ることもあるので、それらを総合して自分がどんな家が欲しいのか考えてみましょう。

建築会社は需要にあった家づくりをしているので、自分の中で優先順位の高い項目を満たしてくれるところは必ずあります。