家づくりには多くの費用がかかります。

その中で最も費用がかかる項目が建築費です。

建築費とは

建築費とは、一般的に建物本体工事費用と、その他付帯工事費用が当たります。

建物本体工事費用は、建物の基礎、躯体、断熱材、窓、ドア、と言った、建物の性能を満たすために必要な項目が含まれています。

反対に、その他付帯工事費用とは、建築会社によっても異なりますが、外構工事、作り付け家具・棚、エアコンなどの家電と言った家本体以外の部分がこれに当たります。

建築会社によっては、照明器具などが本体以外に入っているところもあるので、概算の資金計画や見積もりを出してもらう際には気をつけてみてみましょう。

注文住宅にかかる費用の内訳

注文住宅の建築費は、土地以外の費用を見ると、建築本体工事費用が7割、その他付帯工事費用が2割、諸経費が1割の内訳になると言われています。

3000万円の資金計画を例にした場合、

  • 建築工事費用:2100万円
  • その他付帯工事費用:600
  • 諸経費:300万円

となります。

注文住宅の建築費の目安とは

建築本体工事代金と付帯工事日の平均は2775万円と言われています。(SUMMO調査)

そのため、内訳を考えると、

  • 建築工事費用:約2160万円
  • その他付帯工事費用:約615万円

が一般的な費用と考えることができます。

また、諸経費を入れると3000万円は少し超えるくらいでしょうか。

諸経費とは

多くの人が忘れがちなのが、諸経費です。

諸経費も建築会社によって異なりますが、一般的なものは地盤調査費用、建築確認審査手数料、引っ越し代金、印紙代、登記費用、火災保険料などがかかります。

場合によっては、長期優良住宅認定申請手数料や仮住まいにかかる費用などもかかります。

地域にもよりますが、注文住宅だと諸経費は、300万円〜450万円を想定すべきと言われています。

注文住宅の目安は3000万円

土地の形状や建物の大きさにもよりますが、注文住宅を考える際は3000万円ほどかかるということを頭に入れて、そこから自分の叶えたいことの優先順位を考え、資金計画の調整をするのが良いと思います。

土地を購入してから、「え、建物3000万円もかかるの?!」とならないように、逆算して土地探しをするのも忘れないようにしましょう!