Miele(ミーレ)というメーカーはあまり馴染みがないのではないでしょうか。

日本国内のメーカーではないので、もしかしたら聞いたことがない人もいるかもしれません。

Mieleとは?

Mieleは、ドイツに本社を置く海外メーカーです。

日本には、ミーレ・ジャパン㈱として会社が置かれています。

1899年に設立されたミーレは、100年以上たった現在でも世界中の人々に使われています。

ミーレは、キッチン周辺設備のメーカーとして有名で、様々な商品を提供しています。

中でも食洗機の人気がすごく、設計士をしていると「キッチンにはどうしてもミーレの食洗機を入れたいです!」と言われることが多いです。

また、ミーレは他のメーカーとは異なり、固定ファンがいるもの特徴です。

Mieleの製品は「安いからこれでいいや。」や、「設計士さんにおすすめされたからこれにした。」という決め方をすることはなく、MieleがいいからMieleにするというこだわりを持った選び方がされます。

ミーレのビルトイン食洗機のメリット

先ほども書きましたが、Mieleの製品の中でも食洗機が一番人気です。

今回は、食洗機の中でも「ビルトイン」タイプのものをご紹介します。

ビルトインとは、食洗機単体で置くタイプのものではなく、キッチンや壁面収納の中に埋め込んで設置するタイプのものです。

さっそくですが、なぜMieleの食洗機が選ばれるのでしょうか。

とにかく大容量で大きい

お客様がMieleの食洗機を選ばれる理由で最も多いのが、大容量で一度に大量に洗えるし、大きなものも洗えるからです。

家族の人数が多い人や、食器の使用が多い人にとっては、一度に大量に洗えることはとてもメリットになります。

日本のキッチンによく入っている食洗機はpanasonic製などが多いですね。

Panasonicの食洗機は、Panasonic以外のキッチンでも使われているため、とても優秀な食洗機ですが、少し小さくて物足りないと感じてしまうお客さんもいます。

Panasonic製食洗機

そのため、大きさを求めてMieleを選ぶ人がいるのです。

Mieleの食洗機には、幅が45cmタイプと60cmタイプのものがあります。

幅:45cmタイプ
幅:60cmタイプ

人気なのは幅が60cmタイプものもです。

どうせ大きなものを買うなら、60cmが良いという人が多いです。

また、Mieleの食洗機の大きなものが洗えるメリットでは、食器以外の換気扇のプロペラファンが入れれて、手を汚さずに洗えるなどがあります。

食洗機は食器類を洗うものだと認識していましたが、プロペラファンが洗えるのは考えていませんでした!笑

プロペラファンは、ついつい放置しがちになり、放っておくととんでもなく汚れます。

ゴム手袋をつけて洗面所やキッチンで手洗いしても良いですが、Mieleの食洗機だと手を汚さずに綺麗に洗うことができます。

大容量だからこそできるメリットですね。

デザインが洗練されていてかっこいい

Mieleは食洗機に限らず、デザインが洗練されており、住宅設備とは思えないほどかっこいいです。

ドイツは、フォルクスワーゲンなどデザインセンスが素晴らしい会社が多いので、そんなドイツで生まれたMieleもとてもデザインにこだわりが強い会社です。

Mieleのビルトイン食洗機のメリットを置くだけで、キッチンスタイリッシュになりますね。

ミーレのビルトイン食洗機のメリット

Mieleの食洗機はメリットが多いですがデメリットもあります。

価格が高い

注文住宅、家づくり、健康

Mieleの食洗機を諦める人の最も大きな理由なのではないでしょうか。

海外製品なのでしょうがないかもしれませんが、にしても高いです。

Mieleの食洗機は本体代金30万〜40万円します。

一般的な普及価格帯の食洗機付きキッチンの価格が50万〜100万円程度ですので、食洗機をMieleに変更すると食洗機の分の価格が上がり、それプラス施主支給したとしても施工費がかかりますので、Mieleの食洗機に変えると実際には50万程度上がると思っておいた方が良いです。

この50万円はキッチンをあまりしない人にとっては高いと思ってしまうかもしれません。

逆に、料理が好きでよくキッチンを使う人にとっては、他を削ってでも入れたい製品かもしれません。

悩みどころですね。

ビルトインできるキッチンが限られる

注文住宅、建築会社

基本的には、ほとんどのメーカーのキッチンにはMieleの食洗機を入れることができると思いますが、すべてのキッチンに対応している訳ではないです。

メーカーの中でも対応している製品と対応していない製品がある場合もあります。

キッチン本体にもこだわりがあり、どうしてもこのキッチンを新居に入れたい!と決めている人は、そのキッチンがMieleの食洗機に対応しているかどうかをしっかりと確かめた方が良いです。

また、工務店などによっては、特定の普及価格帯のキッチンなら安く仕入れることができ、安く施工できるラインナップを提案しているところもあります。

そのラインナップの中にMieleの食洗機に対応しているキッチンがない場合などがあるので、お得に建てることができなくなる可能性もあります。

しっかりと、事前に設計士さんに予算と、施工可能かどうかを確かめてから計画を進めましょう!