NK工法とは?

NK工法とは

NK工法は、関西の注文住宅会社で使われているピン工法です。

ピン工法とは、ベースは木造ですが接合部に特殊な金物を用いることで、鉄骨造のような構造を成り立たせるものです。

木造なのに鉄骨造のような構造?

NK工法とは

建物の構造は大きく、「木造」「鉄筋コンクリート造」「鉄骨造」の三つに分けることができます。

木造は、戸建住宅でよく使われる木を柱や梁に加工して骨組みを作る構造です。

鉄筋コンクリート造は、コンクリートの中に鉄筋を通した材で骨組みを作る構造で、主に学校や役所などで用いられます。

そして鉄骨造は、オフィスビルなどによく見られる構造です。

オフィルビルなど不特定多数のテナントが入る空間では、どんな用途にも対応できるように、柱や壁ができるだけ少ない無柱空間を作る必要があります。

そのため、柱や壁が少なくて済む鉄骨造が使われています。

メリット1:柱や壁が少ない

NK工法では、鉄骨造のような構造を成り立たせているので、木造でありながら、柱や壁が少ない広々とした空間を成り立たせることが出来ます。

そのため木造特有の木の温もりやしなやかさと、鉄骨造の空間構成を両立しています。

LDKなどの細かく区切らず大きく空間をとりたい部分では、従来の在来工法では成り立たすことのできないような空間を作り出すことが出来ます。

メリット2:高い耐震性能

NK工法とは
NK工法は高い空間の自由度がありながら、耐震性能3を実現

街中の狭小地に建築する場合は、縦に細長い建築になることが多いです。

そのような上に伸びている建築は、従来の在来工法で建築すると構造的に不安があります。

もちろん在来工法で狭小3階建てのような建築をすることも可能ですが、強度を優先すると柱や壁ばかりの空間となってしまいます。

その点、NK工法なら柱や壁をできるだけ少なく、なおかつ耐震性能3といった強度も兼ねそろえることが可能です。

メリット3:プレカット会社と構造計算事務所が一体

NK工法とは

昔は構造に使う柱や針は、大工さんが現場で手で木材から切り出していました。

しかし、現在はプレカット工法という工場の機械で決められた寸法に木材を自動で切り出す方法を用い、切り出した部材を現場に運んで組み立てます。

工場で決められた寸法に自動で切り出すことは出来ますが、その寸法を決めるのは設計士の仕事です。

きちんと構造的に成り立つかどうかを計算して、安心できる構造図面を作成していきます。

従来の在来工法で家を建てる場合の構造計算は、一般の設計士でも出来ますが、NK工法のように特殊な工法の場合は、その工法を扱う会社に属する構造設計士さんが構造計算を行います。

普通はこの構造設計を行う事務所と構造部材を切り出すプレカット会社は異なりますが、NK工法では同じ会社が計算から、部材の切り出しまで行います。

この一体型になっているメリットは、現場でのミスが少なくなることが大きいです。

どうしても作業を複数の会社に渡って行うと、伝達ミスが起こりやすくなります。

また、一体型の会社だとミスが発覚したあと、修正を迅速に行えるので工事が大幅にストップしてしまうと言った事故が発生しにくいこともメリットとしてあげられます。

NK工法と似たピン工法の仲間(おまけ)

NK工法と同じように木造ピン工法の仲間には、「SE工法」があります。

「NK工法と」と「SE工法」ほとんど同じ工法になりますが、使用している木材の種類などが異なるため若干の違いは出てきます。

この工法の違いは耐震性能や間取りに大きく関わるものではないので、それほど気にすることはないでしょう。

▼NK工法公式サイト

http://nakamura-forest.co.jp/