普段何気なく使っている水道ですが、もちろん水道管が家や室内に通ってないと水は出ませんよね。

では、水はどこからやってくるのでしょう。

水道管の通り道

基本的に水道管は、道路の下を通って、戸建てやマンションに枝分かれしながら、街中を張り巡っています。

水も人と同じように街中から敷地に入っていくのです。

しかし、人と違うのは、水は地中を通るという点ですね。

目に見えるところにないので、あまり気にしたことはないかもしれませんが、

どのお家にも水道管はつながっています。

土地を買う前に気を付けること

ここで気を付けたいのが、水道管は勝手に土地に引かれているものではないということです。

土地を買う際に気を付けたいのが、まず「その土地に水道管が引き込まれているかどうか」です。

どういうことかというと、道路の下に通っている水道管の本管から住宅地内に分岐させた水道管を引き込むためには、

その土地の所有者がお金を払って、水道業者さんに工事してもらう必要があるのです。

もちろん直接頼むわけではなく、工事をする工務店さんが勝手に手配してくれるのですが、

お金は払わなくてはなりません。

しかし、土地を買って家を建てる人がみんなお金を払って水道管を引き込んでいるかというと、そうではありません。

水道管は一度引き込んでいると、次に売られる際にはすでに引き込まれている状態であるため、

再度引き込む工事をする必要はありません!

そのため、今から買う土地が水道管が引き込まれている状態かどうか、確かめてから購入すると、ひとまず安心です。

もともとその土地に住宅が建っていて、古家を解体したというなら、

水道管が設置してある可能性は高いです。

もとが倉庫や車庫だったという土地が安く売られていたら、要注意です。

倉庫や車庫は水道管が必要ないので、引き込みがされていない可能性はあります。

もちろん引きこみされていない土地が悪いわけではありません。

引き込み工事代金を考慮して、それでも納得したら是非買うべきだと思います。

上下水道外部連絡工事の必要性の見分け方

水道管引き込み工事が必要かどうか

もし上下水道の引き込みが必要でない場合は、土地に上水道と下水道の栓が見つかると思います。

上水は四角い枡が、下水道は丸い枡が地上に出ているのですぐに分かります。

この上水道と下水道が一つずつ以上あると、引き込み工事は必要ありません。

水道管の経の大きさにも注意

水道管が引き込まれていても、まだ安心できません。

なぜかというと、引き込まれる水道管には太さによっていくつか種類があるからです。

どんな種類があるかというと、住宅の規模だとだいたい

  • 13mm
  • 20mm
  • 25mm

が多いです。

これらの水道管の違いは、水を取り込む量が異なります。

太いほうが多く水を敷地内に引き込むことができるということです。

ただ、じゃあ太くすれば水をいっぱい使えるのではないかというと、まあそうなのですが(笑)、

その分水道料金が高く設定されるというデメリットもあるのです。

たとえば25mmの水道管だとおそらく20mmの水道管よりも約3000円/月ほど高くなるはずです。

そう考えると、使用量に合った水道管を入れることが大切ですね。

また、じゃあとりあえず小さい13mmを入れておけば、安く抑えれるなと思うかもしれませんが、

それにもデメリットがあり、何mmの水道管を入れるかで、住宅内に設置できる水栓の数が決められているのです。

市町村によって決まりは異なるので、一概には言えませんが、ある市では

  • 13mm   7個以下
  • 20mm  15個以下
  • 25mm  20個以下

といった決まりがあります。(どの市町村でもだいたい似たようなものだと思います。)

そのため、もし自分が買おうと思っている土地に13mmの水道管が引き込まれていた場合、そのままの管を使用して家を建てるなら、

水栓の数は7つまでしか作れないことになります。

水を使うところは家中にあり、13mmの水道管が引き込まれていたら、20mmの水道管に交換工事を行う場合が多いです。

このように、どんな管が引き込まれているかも注意してみてみましょう。

上下水道外部連絡工事が必要な場合

水道管の引き込み工事(※専門用語で「上下水道外部連絡工事」と言います)が必要なことが分かると、今度はいくらかかるのかが気になるところですよね。

どんな場合に料金が上がるのか紹介します。


一般的な上下水道外部連絡工事費

一般的なというのは敷地の前道が4メートルほどの道路で、片側1車線ずつそれぞれ両側に歩道があるくらの道だと思ってもらったらよいです。

そのような場合ですと上下水道外部連絡にかかる工事費用はだいたい50万円前後です。

決して安くない金額ですが、一般的な費用なので、引き込み工事が必要な人はだいたいこれくらい払っています。

一般的でない工事の場合

上下水道のどちらかしか敷地に引き込まれていない場合

土地が分筆(元々一つだった土地が分けられてい状態)されており、上水道または下水道のどちらかしか敷地内に引き込まれていない場合もあります。

そういった場合は、ないほうの水道管を引き込む工事が必要になります。

分筆されたばかりの土地が売り出されていた場合は、どちらか一方に水道管が偏っている場合があるので、水道管がある側を選ぶのも一つの方法です。

土地の前道が幅員の広い国道や県道の場合

道路にも幅員(道幅)が広いものや狭いものなど様々なものがありますが、交通量の多い国道や県道のように幅員が広いものは、工事費用が高くなることが多いです。

理由は交通量の多い道路は一般的な道路よりもアスファルトの舗装を頑丈にしてあるからです。

車の通りが多いかったり、大型トラックが行き来するような道路のアスファルトの塗装は、一般的な道路の1.5倍くらいの厚さがあるため

掘削する工事が大変になるのです。

土地の前道がどんな形態なのかもチェックしておきましょう。

水道管の本管から分岐管が用意されていない場合

水道管は道路の下の本管から、敷地に対して枝分かれのように分岐しているのですが、通常その分岐管は敷地の手前までは水道局の方で用意してくれています。

私たちが引き込み工事が必要になった場合、敷地の手前まで伸びている分岐管をもう少し引き込んで敷地内に入れる作業をします。

しかし、土地が分筆されていたりする場合は、本管から敷地の手前まで分岐管が用意されていないこともあります。

分岐管はあらかじめ家が建つ場所を敷地から想定して用意しているため、想定外の敷地になった場合は、用意がないのです。

そういう場合はどうするかというと、実費で本管から分岐管を引っ張ってきて、それを敷地に引き込むという工程が必要になります。

同じ引き込みでも工程が増える分、費用も膨らみます。

引き込みがないとしても、どこまであるのかを確かめることも必須です。

まとめ

以上が上下水道外部連絡工事の概要です。

土地を探していて、安いのを見つけた!と舞い上がってすぐに購入するのではなく、

上下水道管が敷地内に引き込まれているか、水道管の太さは大丈夫かどうか、

また引き込まれていない場合、どこまで引き込まれているのか、前道はどんなか

をきちんと調べてから、その条件を考慮して購入するようにしましょう。